バナジウム天然水で健康サポート

50種類以上の天然ミネラルを含んだパナジウム天然水「富士青龍水」

バナジウム天然水「富士青龍水」は山梨県富士山北麓標高920m の高地に立地する採水場の地下200m から汲み上げた弱アルカリ性の天然水です。採水場周辺は「富士山景観形成地域」内にあります。
富士山の雪解け水や雨水が幾層にも重なって玄武岩層をゆっくりと通り、最近注目されているバナジウムをはじめ、有用なミネラルを豊富に含んだ天然水です。
バナジウム天然水「富士青龍水」は富士山の水の中でも最小の硬度25 の軟水で日本人に好まれるまろやかな味わいです。

富士山の天然バナジウム91μg含有の天然水を、富士吉田の採水地から直送。ウォーターサーバー「富士青龍水」の新宅配システムなら、時間指定、再配達が可能!浄水器やペットボトルのミネラルウォーターよりも新鮮でおいしい水が簡単に手に入ります。

●1,900円/1本12L(税別)
●送料無料
ウォーターサーバーについて

大自然が作ったミネラル豊富な天然水!「富士青龍水」

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
富士山麓のミネラル豊富な天然水!なんとバナジウム91μg含有!
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

富士山の北麗、海抜920mの地下の玄武岩層から汲み上げられた「富士青龍水」
豊富なミネラルを多く含む玄武岩層で長い歳月をかけ自然に磨かれ、高濃度の
バナジウム91μgを含有した天然水を加熱殺菌を行わずそのままの味わいで
ボトリングしました。

★4月1日から始まるメタボ健診の義務化。
健康診断異常が見つかると医療費もカラダも危険!!★

いよいよ4月から新健康診断、特定健診がスタートする。高血圧や糖尿病などの
生活習慣病を引き起こす恐れがあるメタボリック症候群などを未然に防ぐため
40歳から74歳までの国民約5600万人を対象にした「特定健診・特定保険指導」が
4月から実施されます。
40─74歳の保険加入者は全員に“メタボ健診”が義務になる。
メタボ退治を目的とした「特定健診・特定保健指導」は、企業の健康保険組合や
市町村に実施が義務づけられている。メタボリックシンドロームやその予備軍の
人に対し、早いうちから治療や生活指導を徹底して、増大する医療費を削減する
狙いの新健診。主な内容としては、喫煙習慣の有無を含む既往歴の調査や身長・
体重・腹囲の測定、肝機能検査など。従来、会社が行っていた企業健診とさほど
変わりはないが、各項目には基準値が設けられており、特に、腹囲で「男性85
センチ以上、女性90センチ以上」と定められたことで、大きな話題となり、異論
も呼んでいる。

★バナジウム天然水には、血液をサラサラにして糖尿病を防ぐ効果が期待★

バナジウム天然水は、血糖値が高めの人にお薦めしたいミネラルウォーター。
バナジウムとは、一部のミネラルウォーターに含まれる微量ミネラル元素のこと
です。この成分を含むバナジウム天然水を飲用すると、糖尿病が予防できるらし
く、実際に糖尿病予防に効果的だという研究結果が出ている。
実験内容は、健康な若い女性20人に動物性の脂肪が多い食事(高飽和脂肪酸食)を
8日間食べてもらい実測。高飽和脂肪酸は血糖値や血中インスリン値を増やし、
血液をドロドロにして糖尿病を招く“悪玉”の脂肪として知られている憎っくき
脂肪酸です。
上記の食事と一緒にバナジウム天然水を飲用してもらうと、バナジウムを含まな
い水を飲む場合に比べ、血中インスリン値が4分の3に抑えられるという結果が得
られました。
結果、バナジウムがインスリンの感度を高め、血液をサラサラに保ったと考えら
れます。摂取したバナジウムの量は、1日あたりわずか80μgと少量にも関わらず
です。
一方、血糖値が高めの人を対象とした東京医科大学薬理学の渡辺泰雄助教授らの
研究でも、バナジウムを1リットルあたり約65μg含むミネラルウォーターを飲ん
でいると、2カ月ほどで血糖値が下がって安定してくることが示されています。
近年、バナジウムには現代生活の中で様々な効果が期待でることがわかってきま
した。体内の脂質の代謝を促し、コレステロールの合成を抑制することから、広
い意味でのダイエット効果やメタボリック症候群の予防、動脈硬化の予防や血液
サラサラ効果も期待できます。血糖値の降下作用や糖尿病の改善にも期待が寄せ
られています。習慣的に摂取することで、血圧の安定や健康増進、体力維持や便
秘の解消といった効果作用にも注目が集まっています。

関連記事